バナジウム天然水

バナジウム天然水の魅力

最近話題の水の一つにバナジウム含有の天然水があります。

 

当サイトでご紹介したウォーターサーバーではコスモウォーターで扱っている「富士の響き」やフレシャスクリティアが富士山周辺を採水地とする天然水ということになります。

 

バナジウムとは原子番号23の元素で、身近なところでは航空機の機体やゴルフヘッド、自動車の部品などにりようされるチタン合金などに利用されています。

 

金属の添加剤としての利用は19世紀ごろと言われていますが、天然水に自然由来のミネラル成分として含まれ、また健康に役立つ成分であると知られるようになったのは最近のことです。

 

バナジウム含有の天然水は玄武岩層をくぐり抜けてきた水に比較的多く含まれるミネラル成分で、日本では富士山の周辺の地層に良質のバナジウムが含まれており、富士山周辺を採水地とする天然水にはそのバナジウムを含んで地表に流れ出てきます。

 

バナジウムを含む天然水は体の新陳代謝を促進し、血糖値を下げる作用やコレステロールを抑える作用があるといわれています。

 

そのため、糖尿病の予防やダイエット効果が期待されており、美容と健康に敏感な若い女性をはじめ、生活習慣病の気になる中高年男性にも注目されているところです。

 

とはいえ、バナジウム天然水の健康効果はまだ科学的な確証は得られておらず、あくまで推測の域を出ておりませんから、極端にバナジウム天然水ばかりを飲み続けるのもあまり好ましくありません。

 

ただし、富士山の天然水は言わずと知れた日本一の高さを誇る富士山の雪どけ天然水ですから人間の細胞の活性化の作用があるのは間違いないでしょう。

 

世界でも雪どけ水の天然水は新陳代謝の促進と細胞活性化があるというのは広く知られたところなのです。

 

欧州ではミネラルを豊富に含んだ硬水の雪どけ水の天然水が血糖値を下げる効果があるという研究データも一部の学者によって発表されています。

 

ただし、食生活はバランスが大切です。

 

水だけでミネラルを摂取するのではなく、海藻や旬の野菜、肉、魚をバランスよく摂取しながら、適度なミネラルバランスの天然水を日常的な飲み物としても見続けるというのが基本です。

 

美容と健康の基本は栄養バランスの取れた食生活と適度な運動、ストレスフリーが最も大切なポイントであることを忘れないようにしたいものですね。